パチンコ店の裏情報

パチンコ台の釘調整はしてはいけないが・・・

パチンコで勝ち続けるためには、釘を見る必要があります。

1000円で20回回る台より、21回回るほうが勝ちやすい。

というわけです。

 

さて、今回はパチンコの釘についての裏話です。

 

釘調整する意味

釘を調整する理由は基本的には1つしかありません。

営業です。

お客様が少ないときに玉を出しても仕方がありません。

出てるように見えないからです。

逆にお客様が多いときに玉を出すとどうでしょう?

後ろに箱が積み重なり、お客様からの印象はこうです。

「結構出してる店なんだ。」

そのために、出玉のコントロールはパチンコ店の営業で必須なのです。

 

一般的にはヘソ(スタート)の釘2本を調整するイメージだとは思いますが、

風車上やワープ付近の釘も調整します。

定期的に1台当たり10分以上かけて念入りに調整するので、

正直見てもわからないと思います。

実際に打ってみないと回る回らないは分からないかもしれません。

 

実は釘調整するのは禁止

ここまで話がスムーズに進んできましたが、

少しややこしくなります。

実は釘調整するのは禁止なのです。

なぜかは知りませんが、

そういうルールなのは業界では常識です。

 

言いたいことは分かります。

「じゃあなんでやってるの?」

「営業停止ならないの?」

ですよね?

 

釘を閉めたり開けたりするのは禁止ですが、

釘を正常な位置に調整するのはOKなのです。

 

釘には1日で何万発といった大量のパチンコ玉(鉄の塊)がぶつかるので、

1日では曲がりませんが、数日放っておくと結構曲がってしまいます。

そういう台は正常な位置に釘を調整してあげるのです。

また、調整して曲がってを繰り返すと釘が折れます。(よくあること)

 

バレなきゃOKってやつ

明らかに釘が曲がっている台が見つかったとしても、

「昨日ずーっと動いてた台なので・・・w」

とか言い訳できます。

基本的にはバレなきゃOKです。

 

あまり知られていないこと

ここまでは知ってる方も多いと思います。

でも実は・・・

あからさまに釘が調整されてるお店はそのうち・・・

ということはあまり知られてませんよね。

 

多少の調整ならそうそうバレたりしませんが、

あからさまに釘を調整しているお店は見てわかります。

そういうお店の噂は一瞬で広まり、警察や組合、他店舗などに伝わり、

場合によっては厳重注意、営業停止処分を受けることもあります。

 

打ってる人からしたら関係ないことですがね。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. インカムで何を話しているのか知りたい
  2. 【2019年】勝つためのパチンコ3選
  3. パチンコ店で一番の迷惑客はお年寄り
  4. パチンコ台の釘調整はしてはいけないが・・・
  5. 【2019年】勝ちたいなら絆を打つな!?

関連記事

  1. パチンコ店の裏情報

    従業員と仲良くなればスロットの設定を教えてもらえる?

    「従業員と仲良くなればスロットの設定を教えてもらえる?」とよく…

  2. パチンコ店の裏情報

    パチンコの遠隔操作はあるのか

    【パチンコ店で遠隔操作】一度は聞いたことあると思います。…

  3. パチンコ店の裏情報

    インカムで何を話しているのか知りたい

    このようにパチンコ店のスタッフは常にインカムを常備しています。…

  4. パチンコ店の裏情報

    パチンコ店で一番の迷惑客はお年寄り

    DQNや身体障がい者など、パチンコ店には様々なお客様がいらっしゃいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  1. その他

    パチンコはギャンブルではないと伝えたい
  2. 機種紹介

    【2019年】勝ちたいなら絆を打つな!?
  3. パチンコ店の裏情報

    パチンコの遠隔操作はあるのか
  4. パチンコ店の裏情報

    パチンコ店で一番の迷惑客はお年寄り
  5. 機種紹介

    【2019年】勝つためのパチンコ3選
PAGE TOP